コンテンツへスキップ

カート

カートに商品は入っていません

記事: 【2023年最新】脚が短いなら絶対やるべき「シコ」トレーニング!【股関節エクササイズ】#shorts

【2023年最新】脚が短いなら絶対やるべき「シコ」トレーニング!【股関節エクササイズ】#shorts

 

 

今回紹介したのは、四つん這いでの股関節内旋エクササイズです! 太ももと骨盤を繋ぐ「股関節」を内側にねじる「内旋(ないせん)」という動きをだしています。

 

【エクササイズの詳細】

①四つん這いになる

②そのまま脚を開く(左右のおひざ同士を遠ざける)

③片方の足を内側に、反対の足を外側にひらく

④入れ替えて繰り返す になります。

 

【注意点】

 無理やり大きく動かすこと です。 腰を痛める原因や、内ももを痛める原因になります。 また、硬い床や薄いヨガマットでおこなうと、おひざを痛める可能性があります。 沈み込みすぎないマットレスや、布団の上でおこなうのもありですし、ヨガマットの端を折り返しておこなってもいいと思います (これはおすすめです)。

 

 

【2つのメリット️】

このエクササイズには2つのメリットがあります。

①内ももの付け根がすっきりする。スリムになる。

②下半身のむくみや冷えの解消に役立つ。 です。

1つずつ解説します。 ①については、内ももの付け根に存在する恥骨筋(ちこつきん)が柔らかくなることが、内ももの付け根をすっきりさせるのに役立つからです 股関節内旋エクササイズをすることで、恥骨筋がほぐれ、伸び、柔らかくなります。 恥骨筋が柔らかくなると、足を大きく開いたり、歩幅が大きくなったりと脚を大きく動かすことができるようになります。すると、自然と内ももの付け根のもったり感が減ってきます。 また、スクワットやサイドレイズなどのトレーニングのフォームが良くなり、お尻が鍛えられ、結果的に脚全体がすっきりしてきます。 股関節内旋という動きは、普段行う頻度が多くありません。恥骨筋は硬くなっている人がほとんどです。しっかりほぐしておきましょう◎

②については、内ももの付け根周囲にある大きな動脈や静脈があり、この周りをほぐすことで血流の滞りを解消するのに役立つからです 大腿動脈(だいたいとうみゃく)や大腿静脈(だいたいじょうみゃく)という、体幹と下半身をつなぐ血管があります。 ちなみにここは損傷すると、危険です。カッターなどで切らないように…。

 

【デメリット

内旋は普段、あまり行わない動きです。動きが悪くなると、腰や膝に負担がかかります また、このような四つん這いで脚をひらく姿勢は、永遠に脚がひらく方向に体重がかかっているので、筋肉が過剰に伸びてしまう傾向があります。 無理して脚をひらきすぎないように注意しながら行うようにしてくださいね!

 

 

 

このエクササイズが入ったおすすめの動画

【最新版】じっくりカラダが変わる骨盤矯正!【ストレッチしても体が柔らかくならないときにやる】

 

_______________

 ✅2024年3月スタート『オガトレ部』 https://fanicon.net/fancommunities/5479  

 

✅オガトレ監修『ジーアイ プロテインバー』お試しモニター募集中! https://u-s-s.jp/select.php?id=sh665z...

✅無料で楽しく遊べる音ゲーアプリ🔥 https://bit.ly/3xrUoF8

✅公式ショップ🛒 https://bit.ly/3dmcu4P

✅Amazon公式ストア🛒 https://amzn.to/3XEPPDw

これからも「ご自愛してくださいね」でつながる世界を目指し さまざまなプロジェクトを企画してまいります。

 

もっと読む!

【2023年最新】反り腰なら絶対にやるべき「太ももの前張り解消」ストレッチ!#shorts

今回紹介したのは、 もも前の大腿直筋(だいたいちょくきん)ストレッチです! 前ももの張りを解消するにはこの「大腿直筋」の柔軟性が高いことが大事です この動画では、安全にできる優しい大腿直筋の静的ストレッチを紹介しています。   【ストレッチ方法の詳細】 ⑴うつぶせになる ⑵片方のお膝を頭のほうに持ってくる ⑶反対の肘をつく(上半身をねじる) ⑷ついた肘と同じ方のお膝をできるだけ曲...

もっと見る

【2023年最新】「猫背」を治すならコレを10回やろう!【棘下筋トレーニング】 #shorts

【トレーニング方法の詳細】 ⑴うつぶせになる ⑵片方の腕におでこを乗せる ⑶反対の腕を肩の高さで真横に伸ばす ⑷肘を90度に曲げ 手のひらは下に向ける ⑸肘は床につけたまま 手のひらをできるだけ床から離す 10回繰り返す ※痛みが出る場合は、即刻中止してください。   【注意点🙅】 まずは、痛みを出さないことが大事です。 また肩の奥に違和感を感じたら、すぐ中止してください。 こ...

もっと見る