Gi Coffeeで夏のご自愛|おいしいアイスコーヒーのつくり方

Giオンラインショップです。

この記事では、Gi Coffee(ドリップバッグ)、夏季限定アイスコーヒーバッグでのアイスコーヒーのつくり方を紹介していきます。

ストレッチブレンド(ドリップバッグ)でアイスコーヒー(1人分)

時間をかけずにおいしいコーヒーがつくれる、オン・ザ・ロックスタイル(氷を入れたグラスに直接を注ぐ形式)を紹介します。

熱湯で抽出したコーヒーを氷で急速に冷やすため、「急冷法」とも呼ばれます。

Giコーヒー

用意するもの

  • マグカップ(大きめのもの)
  • 沸かしたお湯
  • Giコーヒー ストレッチブレンドドリップバッグ(朝用 or 夜用1袋)

つくり方のステップ

  1. 広口で​​蓋付きの容器に、お手持ちのグラスやマグカップに氷を隙間なく入れます
  2. マグカップにドリップバッグを設置し、直接熱湯を注ぎます
    Giコーヒー
    ※氷で全体の容量が増えるため、お湯の場合と比較し、コーヒー粉の量に対してのコーヒーの抽出量が少なくなります。できるだけゆっくりと、細いお湯を注ぎ、濃くなるように心がけます。

  3. 完成!(あっという間ですね)
    Giコーヒー
    熱いお湯で抽出したGiコーヒーが、マグカップの氷でコーヒーが一瞬にしてキンキンに冷やされることで、香り高いクリアな味わいのアイスコーヒーが完成します。お好みに合わせて、氷を足すことで、コーヒーの濃さを調整できます。

Gi水出しアイスコーヒーバッグで手軽につくる(2~3人分)

水でゆっくりとコーヒーを抽出する「水出しコーヒー」のつくり方です

夏の暑い日に、お湯を沸かすなんて...という方はこちらがおすすめです。

水出しの場合は、お湯で一気に染み出させるのとは異なり、コーヒーの粉にある成分を、水によってゆっくりと染み出させます。

これにより、良質な甘味と柔らかい苦みが特徴として引き出されることで、イヤな苦味、エグみが抑えられ、丸みのある柔らかい飲み心地と風味になります。

Giアイスコーヒー

用意するもの

  • マグカップ(大きめのもの)
  • Gi Coffee アイスコーヒーバッグ(朝用 or 夜用1袋)
  • 広口で​​蓋付きの容器

つくり方のステップ

  1. 広口の容器に水出しアイスコーヒーバッグを入れます
  2. 常温の水を500ミリリットル注ぎます
    Giアイスコーヒー
    ※浮いてきたパックを箸などで軽く押さえて沈め、全体を水に浸たすとさらに◎

  3. 香りが逃げないように、きっちりフタができる容器に入れて冷蔵庫に入れて、8時間以上おきます

  4. 完成。氷を入れたマグカップに注いで、キンキンに冷えたアイスコーヒーをお楽しみください。
    Giアイスコーヒー
    ※冷蔵庫の保存で、2日間(48時間)は、香り高いアイスコーヒーを召し上がっていただけます。

牛乳で割ってアイスカフェオレも◎

アイスカフェラテ

作ったアイスコーヒーを、お好みに合わせて牛乳で割ることで、アイスカフェオレにして飲んでいただくこともできます。

豆乳で割ってソイラテも◎

ソイラテ

夏のご自愛、じぶんへのご褒美に。誰かへのご自愛のお裾分けに。

皆さまの声

 

 

Giオンラインショップ|
10年後のじぶんを大切にするため
ご自愛を広めるブランド

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。